イタチを駆除する方法|家屋内の被害に悩まされない|害獣駆除の救急センター
レディー

家屋内の被害に悩まされない|害獣駆除の救急センター

イタチを駆除する方法

頭を押さえる女性

天井裏のイタチの害

イタチが果樹園や畑の農作物を食べて荒らす被害が増えており、イタチ駆除の対策が取られてきました。しかし、次第に住宅地に出没するようになり被害が拡大しています。イタチは細長い体つきで足が短く、ペットのフィレットに似ています。 イタチは果物の他にネズミや虫等を食べる雑食性なので、侵入した建物にエサとなるものがあれば食べてしまいます。建物に約3cmの隙間があれば簡単に侵入してしまいます。イタチは天井裏に住み着き子育てをします。天井裏を夜間にイタチが走り回るので足音が騒音になります。イタチは同じ場所に糞や尿をするので、だんだん糞が溜まっていき病原菌や寄生虫、雑菌が繁殖します。病原菌から人が感染症を発症する可能性があります。イタチの体にはダニやノミが寄生しているので、人に吸血することがあります。

効果的なイタチ駆除

イタチが人に被害を及ぼすことは先程述べましたが、糞尿で建物が腐ったり傷んでくるので早急なイタチ駆除が必要です。しかし、イタチは鳥獣保護法によって守られているので、被害を受けているからといって勝手に捕獲することはできません。捕獲するには捕獲場所の自治体の許可を受けてからになります。 イタチ駆除の前にイタチを燻煙剤を使って追い出してみましょう。燻煙剤は害虫駆除や害獣駆除用のものを使用します。木酢液やハッカ油を建物に撒くと臭いを嫌うので建物から出ていくことがあります。イタチは夜行性なので強い光を突然当てると逃げ出すことがあります。このような追い出しを行ったあとは侵入口を必ず塞いでおかないと再び入ってきますので、塞ぐようにしましょう。イタチの追い出しや駆除は個人では対応が難しいので、イタチ駆除の業者に相談してみることをお勧めします。